WALK ON CLOTHING FACTORY

ymwalkon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:MATERIAL( 6 )


2017年 01月 06日

ABOUT SEA ISLAND COTTON

c0340269_12241874.png
©WISICA JAPAN



昨年開催された西印度諸島海島綿協会のセミナーにて入手した

シーアイランドコットンの特性についての詳しい解説や、栽培の様子を収めた資料画像を一部ご紹介します。





ウォークオンからは、2017年の新作、

シーアイランドコットン製ワークシャツを近日リリースします。

どうぞお楽しみに。




c0340269_19030858.png





c0340269_18592722.png






c0340269_18585201.png






c0340269_19003939.png






c0340269_19004226.png






c0340269_19004578.png






c0340269_19023862.png
※エル・パソはアメリカンシーアイランドコットンの産地






c0340269_19024728.png






c0340269_19025867.png






c0340269_12095617.png





ベリーズでの栽培風景
c0340269_11460850.png






c0340269_11473965.png






c0340269_12215508.png






c0340269_11480437.png






c0340269_11481240.png






c0340269_11482542.png






c0340269_11484680.png






c0340269_11483898.png






c0340269_11490912.png







[PR]

by industry-inc | 2017-01-06 13:03 | MATERIAL | Trackback
2016年 06月 27日

SEA ISLAND COTTON #LOOM

c0340269_17351138.png


ウォークオンが使用するシーアイランドコットンのシャツ生地は、

すべて旧式のシャトル織機で織られています。



c0340269_16214390.png



用いる織機はトヨタグループ創始者 豊田佐吉が存命中に開発した最後のG型モデル。

半世紀を経た今も、修繕をしながら現役で稼働しています。



糸に負荷をかけず、ゆっくり、柔らかく織り上げることで、

シルケット等の加工をかけずとも無垢の艶で主張する

超長綿最高峰の特性を余すところなく引き出します。



WISICA JAPANが40年余にわたり追求してきた

日本の技術力――とりわけ熟練技術に特化したものづくりが、

シーアイランドコットンのシャツ生地に結実しています。



洗いを重ねるたびに深化する柔らかな風合い、最上級の着心地。

シーアイランドコットンの経年変化は、

スペックで証明された”本物”の実力です。







[PR]

by industry-inc | 2016-06-27 20:58 | MATERIAL | Trackback
2016年 02月 04日

SEA ISLAND COTTON #CULTIVATION


シーアイランドコットンの産地
ベリーズの一風景。



c0340269_19485096.png




スローライフを実践するメノナイトのファミリーは

信頼の置けるパートナーです。



c0340269_19492745.png



太陽と共に生活する自然派、

電化とは無縁のアーリーアメリカンスタイル。



c0340269_19491477.png



16世紀後半、カリブ海は西インド諸島から英国王室に献上されて以来

英国政府の管理で守られてきた世界No.1のコットン。

400年の歩みは、たゆみない品質改良、栽培環境整備の歴史です。



c0340269_14123944.gif



シーアイランドコットンは、その全てが「特別」な存在です。



綿に多くの油分を含むなどの特殊な性質ゆえ、紡績・染色に特別な技術が要求されます。

紡績を行っている会社は世界で数社のみ。

厳格な管理のもと、海島綿協会メンバーの発注に応じて生産されます。


ニット用、ジャージ用、布帛用では、それぞれ糸の撚りから異なります。

水洗いできることがマストであるシャツ地用(布帛用)の糸は、最も丈夫に紡績しています。




特筆すべきは、その「経年変化」。

シーアイランドコットンシャツの風合いは、洗えば洗うほど向上していくのです。


以下の画像は、数十回と着用・洗濯を繰り返したブラックブロードシャツのサンプルです。



c0340269_11154465.png

BEFORE(ワンウォッシュ)




c0340269_11154943.png
AFTER(3年間で約80回洗濯)




c0340269_11155848.png
BEFORE



c0340269_11160380.png
AFTER



深く刻まれたパッカリングは、綿糸縫製ならではの味わいです。

残念ながら、経年による見事な風合い・肌触りは画像や言葉では表現し尽くすことができません。


エイジングサンプルは店頭にご用意しています。

ぜひ、シーアイランドコットンの「特別」にふれてみてください。




シーアイランドコットンを本縫い仕立てで。


THE Y.M.WALK ONは、

メンズカジュアルシャツの数少ないサプライヤーです。



c0340269_14142171.png



以前のエントリーはこちら。
綿の特長、歴史、メンバーシップ制など。
↓↓↓







[PR]

by industry-inc | 2016-02-04 19:05 | MATERIAL | Trackback
2015年 07月 24日

SEA ISLAND COTTON #DOBBY CLOTH

c0340269_14022379.png




シーアイランドコットンの新作B.D.SHIRTが続々入荷しています。

E-SHOPにも随時アップしてまいりますのでどうぞよろしくお願いします。




そんな新入荷分から、今回は「ドビークロス」にスポットをあてご紹介します。



c0340269_14014657.png




c0340269_14014145.png


c0340269_14013870.png
B.D.SHIRT (SEA ISLAND COTTON DOBBY)
COLOR: WHITE
SIZE: 34,36,38,40
各¥20,304-





クラシックな織柄が特徴ですが、ドビークロスは本来 "カジュアルな織物" として分類されます。




逆に"ドレッシーな織物" としてはブロードクロスが挙げられますが、

高密度に打ち込むブロードは2本の糸を撚り合わせた「双糸」使いがセオリーです。





対してドビークロスは打ち込みを上げ過ぎず、糸そのものの風合いが顕著にあらわれる「単糸」の長所を活かし、

超長綿本来の柔らかな感触を最大限に引き出しています。




c0340269_14014812.png
B.D.SHIRT (SEA ISLAND COTTON DOBBY STRIPE)
COLOR: PURPLE, GREY, BLUE
SIZE: 34,36,38,40
¥20,304-



c0340269_14015490.png


タテ糸ヨコ糸ともに50番単糸使い。



c0340269_14015188.png



c0340269_14020425.png




この先染めストライプもドビー織りで表現されています。

よくみるとストライプが縄目状になっており、

通常のロンドンストライプに比べ視覚的にもソフトな印象を与えてくれます。







タテ糸で表現される柄の凹凸が清涼感を生み出し、柔らかさとともに吸水性にも優れた組織、

シーアイランドコットンのドビー。

ぜひお試しください。


c0340269_14020120.png




ちなみに、

いい具合にヤレた41 KHAKIと合わせるのが目下のマイブームです。





[PR]

by industry-inc | 2015-07-24 16:17 | MATERIAL | Trackback
2015年 01月 08日

SEA ISLAND COTTON #SLIVER


c0340269_14565829.gif


画像はシーアイランドコットンのスライバーです。


スライバーというのは「綿(わた)」から「糸」になる途中段階の状態で、
繊維1本1本をほぐし方向を揃えた上で2〜3センチ径のロープ状にしたものをこう呼びます。
これに撚りをかけながら細く引き伸ばすなどの工程を経て、最終的に色々な番手の糸になっていきます。




スライバーの状態でシーアイランドコットンに触れると、
まず驚かされるのが「光沢」です。

フワフワもこもこな状態にもかかわらず、自然で柔らかな光を放っています。

綿自体に含まれる油脂分が他の綿に比べ圧倒的に多く、
ゆえに独特のぬめり感を持つ、上質なウールのような、シルクのような表情が出ています。




そして「手触り」。
カシミアを想起させるソフトで贅沢なタッチです。


c0340269_16030685.gif


原綿の時点での天然の撚り(ねじれ)が多いと
ふっくらとした柔らかなタッチが生まれ、かつ吸湿性も高まります。

シーアイランドコットンの繊維のねじれの多さは、
これまた全ての綿花中ナンバーワンを誇ります。





シルクのような光沢とカシミアのような肌触りを洗いざらしで。

WALK ONのシーアイランドコットンB.D.は本縫い仕立てで只今製作中です。

出来上がりが近づきましたらまたお知らせします。




↓シーアイランドコットンに関してはこちらの投稿もどうぞ↓



[PR]

by industry-inc | 2015-01-08 10:38 | MATERIAL | Trackback
2014年 11月 17日

SEA ISLAND COTTON

c0340269_10383663.jpg

111114日の4日間、THE Y.M.WALK ON春夏物の内見会を開催しました。


WALK ONとしては過去最多の新作サンプルを揃え、じっくりとご説明させていただきました。

ご来展されたお取引店様、お忙しいなか誠にありがとうございました。


さて、そんな新作目白押しのなかでいろいろとご紹介したいネタはあるのですが、まずはひとつだけ。



シーアイランドコットンのシャツをつくります。

c0340269_11045838.jpg

シーアイランドコットンといえば英国のジョン・スメドレーのニットでご存知な方もいらっしゃるかと。

詳細は別としても上質な、高級なコットンというイメージはあるかと思います。



ここではこの稀有な素材についてちょっとお話を。



一般的に高級な綿とは「超長綿」と呼ばれるカテゴリーの綿を指します。

読んで字のごとく、「超長(い繊維の)綿」ですね。


エジプトのギザ、アメリカやペルーのピマ(スーピマ)などは代表的な品種で、

国内でもさまざまな製品となって流通しています。


そんな超長綿の中でも「最も高品質な綿」と評されているのがシーアイランドコットンです。

c0340269_17583157.jpg

実際のところは何をもって「高品質」とするのか、

主観もありますしいろいろな切り口があるのは事実ですが、

より客観的に、数字として明確に比べられる要素としては主に3つあります。


繊維の「長さ」「細さ」「強さ」です。


シーアイランドコットンはこの3大要素すべてにおいて他の綿を上回っています。

まさにキングオブコットンと謳ってさしつかえないでしょう。

(なぜこれらの数値が良ければイコール良い綿なのか?についてはだいぶ長くなるのでまたの機会に。)

c0340269_10431294.jpg

で、そんなに良い綿ならこれを世界中でたくさんつくりましょうよと、当然なるわけですが、

残念ながらそうはうまく行きませんでした。

シーアイランドコットンはそれはとてもデリケートな植物で世界のどの気候風土でも育たず、

ここ100年ほどは元々の産地であるカリブ海沿岸のごく限られた島々だけでしか栽培されていません。


しかもシーアイランドコットンの綿花の摘み取りは機械を使わずすべて手摘み。

(手摘みを徹底することで品質の均一性維持や不純物の混入防止の効果があります)

その生産量は世界で生産される綿全体の「0.001%以下」という、

もうほぼ無いに等しいくらいの希少性になっているのもうなずける話です。

c0340269_11050550.jpg

ちなみに――

栽培に失敗した各地では、現地の種と交配するなどしその土地々々で栽培可能な超長綿の品種を開発しました。

実はそれらが前述のギザであり、スーピマであり、中国の新疆綿、インドのスヴィン綿です。

つまり、

世界に存在する超長綿のルーツはすべてシーアイランドコットンなんです。



話戻ります。

シーアイランドコットンは他の綿と違い、普通に市場に流れていて誰でも購入できるものではありません。

英国政府は1932年にシーアイランドコットン産業の総合的バックアップ機関

「西印度諸島海島綿協会」を設立し、体制化・ブランディング化をいちはやく導入。

日本国内においては同協会日本支部に所属する会員にのみ購入・製品化が許されるという、

完全なるメンバーシップ制が敷かれています。


もちろん、弊社も海島綿協会のメンバーだからこその今企画になります。



・・・と、長々ウンチクを書き連ねましたが、


WALK ONのシャツは、生地が変わっても取り組み方は変わりません。


c0340269_11041944.jpg

衿やカフス、前立てには芯地を入れない「いつもの」仕様。これを綿糸でコツコツ縫い上げます。

洗いをかけると糸が詰まりパッカリングも生じます。


これだけでもいわゆるフォーマル方面をやろうとしてない感はお伝えできるかなと思います。


長袖のボタンダウンと、半袖のワンピースカラー。まずはこの2型つくる予定です。


WALK ONがコットンの王様とどう対峙しているか――。


少し先ですが、ぜひ春をお楽しみに。


THE Y.M.WALK ON



[PR]

by industry-inc | 2014-11-17 18:50 | MATERIAL | Trackback